住宅

マイホームを建てるなら不動産会社選びがとても重要

古都に家を建てるメリット

男性と女性

工務店で家造りができる

注文住宅と分譲住宅の最大の違いは、家を建てる場所を自分で選べるかどうかです。分譲住宅の場合は土地付き建物なのですでに建っている住宅を購入しますが、注文住宅は土地探しから始めることができます。そんな土地探しで人気になっているのが京都です。なぜ京都で注文住宅を建てる人が増えているかというと、第一に世界的な観光都市であり日本を代表する古都という環境の良さです。そして次に多いのが個性的な木造住宅を建てることができるという点です。京都には古都にふさわしい木造建築を建てることができる工務店がたくさんあるのです。京都では古都の景観を守るための建築条令があります。その条令を守りつつ個性的な住まいを建てるには、それなりの木造建築の技術と経験が必要になります。京都にはそのような注文住宅を手がける地元の工務店があります。そのような工務店では三代に渡って家造りをしている老舗も多く、安心して注文住宅を依頼することができます。大手のハウスメーカーでも京都にふさわしい注文住宅を建てることが可能です。しかし地元の工務店にはそれなりのメリットがあります。まず地元で長く営業しているため、担当者が変わるというデメリットがないのです。そのためアフターフォローもしっかりと対処してくれます。大手ハウスメーカーの場合は担当者がしばしば変わるので、アフターフォローが行き届かない場合があります。その点でも地元の工務店に頼む方が安心感があります。京都で家を建てる人が多いのは、そのような工務店があるからです。