住宅

マイホームを建てるなら不動産会社選びがとても重要

快適な居住空間

家

高気密と木の優しさ

注文住宅を建てる際に重要視するポイントは人それぞれですが、住みやすい家で暮らしたいという気持ちはみんなが持つものでしょう。住みやすい家にも色々な定義があります。スウェーデンハウスの注文住宅は、高気密性が特徴の輸入住宅メーカーで住みやすさが売りの住宅です。気密性能の高さは、部屋の暖かさ寒さなどの室温を左右します。気密性が高いほど外界の気温に関係なく快適な室温を保つことができます。寒い国スウェーデンで培われた技術を日本で利用するため、特に冬の生活は快適になることがスウェーデンハウスの魅了です。実際に住んでいる人の感想にも、冬の朝暖房をつけていない状態でもそこまで冷えない、リビングも廊下もトイレも部屋ごとに室温が変わらないといった声があります。窓の木枠に気密性を高める技術が使われたり、窓が三重になっていたりとスウェーデンハウスの高気密な設計が見られます。また気密性の高さは遮音にもつながるため、騒音問題に悩むことがなくなるため快適です。逆に室内の生活音も外に漏れにくいこともストレス軽減になります。こういった気密性能の高さによる快適な居住空間がスウェーデンハウスの人気の一つです。また、スウェーデンハウスは木の家造りを提案しています。木は日本人に優しさと暖かみを与えるため、木の家は気持ちが安らぐと言われます。視覚的だけでなく、木には癒しを与える香りも持っています。時間がたつにつれて味わいが深くなるのも木の特徴です。メンテナンスをしながら木の家とともに長く生活できることも人気となっています。